HIVの電話相談の利用法 | 性病検査キットランキング

もしも自分がHIVに感染してしまったとしたら、どこにどうやって相談をしたらいいのかわからなくなりますよね。そこで信頼ができる電話相談の利用法についてをご紹介したいと思います。早く感染を知って早く治療をするために頑張りましょう。


1.もしもHIVに感染してしまったら?

一人で悩んでしまって絶望感に押しつぶされそうになるかもしれませんが、一人で悩んでいても何も解決はしません。できるだけ早くHIVの検査を受けて感染の有無を調べ、なるべく早くHIVを治療していく必要があるのです。

もしも誰かに相談する事ができれば、その方に相談をしながら今後の事をいろいろと計画する事もできるかもしれませんが、できれば人には知られたくないと思ってしまう病気でもありますよね。そこで活用したいのが電話相談なのです。


2.HIVの電話相談とは

HIVだけではありませんが、病気などで悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますので、各種電話相談の窓口などを設けている事が多いのです。HIVも電話相談室を設けています。

それも一種類だけではなく数種類もの電話相談室がありますので、自分に合った電話相談室を選んで電話をしてみるといいかもしれません。

電話相談ではHIVに関係する悩みの相談を受け付けてくれるのはもちろんですが、どうやって検査をしてどうやって治療をしていけばいいのかについても詳しく説明してくれるので、迷う事なく検査を受けて治療を始める事ができるでしょう。

もちろんHIVの電話相談はこれだけではありません。最近人気の自宅でできる性病検査キットにも電話相談が設けられています。


3.性病検査キットの電話相談でできる事

性病検査キットのHIV電話相談でできる事は、検査が陽性だった場合には病院の探し方、必要ならば病院の紹介なども行ってくれるといいます。

さらに一般的な電話相談だと土日祝日などはお休みのところが多いようですが、年中無休で相談を受け付けているところが多いです。

各種性病検査キットを販売している会社の設けている電話相談は、意外と利用価値があるものだったりするのですね。どんな事でもHIVに関する事なら無料で相談をする事ができます。しかも相談を受け付けてくれるのは性感染症学会が認めた人であることが多いので、安心して相談をしてみるといいでしょう。


4.治療費の問題も相談にのってくれます

HIVという病気は治療をするのにとても費用がかかってしまう病気でもあります。例えば何も助成を使わなければ月に20万円もかかってしまう事があるのだそうですが、助成を上手に使う事ができればひと月に2万円程度にする事も可能だといいます。

でも一人ではどのようにして助成を受けられるのかがわかりにくいですよね。そこで電話相談で相談をして助成の受け方などについても教えてもらうといいのです。

治療が必要になれば当然高額な費用がかかりますので、できるだけ費用を少なくするためにも進んで電話相談を利用してみるといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ