HIVの主な感染経路 | 性病検査キットランキング

HIVは性病の中でも感染したくない病気の代表的なものです。怖いけれど詳しく知っていれば感染は免れるはず!

そこでどんな感染経路があるのかをできるだけわかりやすく説明していきたいと思いますので参考になれば幸いです。


1.HIVはどんなことをしたら感染するのか?

どうやったらHIVに感染するのかなんて愚問だと言う人も多いかもしれませんが、あえてここでお勉強として説明すると、実はHIVの感染経路は大きくわけると3種類の感染経路があるものなのですね。

一つは母子感染で一つは血液感染、そして誰もが知っている感染経路が性行為による感染ですよね。

問題なのはこの性行為によって感染するというものなのです。我慢ができればいいのでしょうがなかなか予防ができないのが残念で仕方がありません。


2.HIV患者の8割の感染経路は性行為!

予防をすることができればいいのでしょうが、なかなか予防ができないのが性病だったりするのです。

例えばですがHIVに感染している方とどうしても性行為をしたいと思った場合ですが、どのようにすれば感染を防ぐことができると思いますか? そうですね! コンドームを使うのが一番望ましい事なのです。

実際にコンドームを使って性病予防をしようなどという運動がたくさんあります。

だからこそコンドームを付ければ完璧だと勘違いしてしまうのかもしれません。そしてその誤解が8割の方の感染経路が性行為という事になっている原因なのです。


3.HIVに感染しないためにできる事

まずコンドームを使うのは当然ですが性行為の最初からコンドームをつけて最後までコンドームを外さない事です。

これが第一にできる事ですが、他にもしなくてはならない事があります。それは血液感染をするので傷がある場所に感染者の体液などを付けない事!

分泌液にも注意が必要です。分泌液というのは血液はもちろんですが膣液や精液(さきばしりを含む)もそうです。

これらの体液や分泌液と直接接触しないようにするためにもコンドームは最初からつける事と、性器や肛門などを口に含んだりしない事も徹底すべきです。


4.定期的にHIVの検査を受ける事

感染経路が3つあるという事や性行為の時の盲点などについてもお話ししましたが、もっとも重要なのは感染者をパートナーに持っている方の場合は、不本意かもしれませんが定期的に検査を受ける必要があるでしょう。

検査を病院で受けるのもいいかもしれませんが、定期的に受けるのであれば性病検査キットなどを活用してみてもいいでしょう。

病院に行く手間や時間が省けますし、他の人に自分がHIVの可能性があるという事を知られずに済みます。

ちなみにHIVの性病検査キットを使えるようになるのは、感染したと思ってから3か月たってからですので、その頃から定期的に性病検査キットで検査を受ける、もしくはパートナーの通う病院で定期的に検査を受けるのもいいかもしれません。

いずれにしても正しい知識を持ってHIVに感染しないように努める必要があるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ