HIV感染症の原因となる行為とは?

HIVという病気を聞いたことがある人は多いと思います。

このHIVの原因となる行為はどのようなものなのか、そしてどのような症状を起こすものなのかを今回は解説していきます。


1.HIVはウィルスの名前

HIVというのは正確には病気の名前ではなく、ウィルスの名前です。

日本語ではヒト免疫不全ウイルスといいます。

健康な人の体は免疫力というものを持っており、ウィルスや細菌に感染してしまわないように体を守っています。

しかしこのHIVに感染すると、ウィルスがこの免疫力を司る機能を破壊しながら血液に乗って全身を回っていきます。

免疫力が低下した体は、普段感染しないような細菌やウィルスに簡単に感染してしまうようになり、複数の病気を併発してしまうことも珍しくありません。

HIV感染が原因で、指定されている病気に感染するとエイズを発症したと診断されます。


2.HIV感染の原因となる行為とは

このHIV感染の原因となる行為、感染の経路は複数あります。

まずは母子感染です。

こちらは母親がHIVキャリアだった場合、出産時に子供に感染するものです。

続いて血液感染です。

医療事故や輸血、注射器の回し打ちなどキャリアの血液を介して感染するものです。

最後は性的感染です。

性的な接触で感染するもので、性器の接触に限らずオーラルセックスや肛門での性交を含みます。

母子感染と血液感染については普段あまり意識する必要はありませんが、性的感染については特に気をつける必要があると言えます。

相手がキャリアであるかどうかについては完全に知ることは難しいですし、意図的に感染を隠しているわけではなく感染に気がついていない場合もあるからです。

不特定多数と性交渉をしない、またコンドームをきちんと利用することが大切と言えます。

HIVの性的感染の確率は、性器接触で1%程度と言われています。

当然コンドームの適切な使用で確率は下がりますし、肛門性交の場合は感染確率が上がるなど一概に言うことは難しいですが、数%程度の感染率は一生を左右する感染症ということを考えると決して低いとは言えない数字です。


3.早期治療のために

現在はエイズの発症前、HIV感染の段階であれば投薬によって進行をかなり抑えることができるようになっています。

そのため感染を早期に発見することが、命を守る上で大切になっています。

HIVの初期症状は風邪やインフルエンザに似ており、気づきづらいとされているため、積極的な検査が必要です。

検査は医療機関以外にも、性病検査キットを利用する方法があります。

性病検査キットは自宅で気軽に検査ができるため、定期的に簡単に検査を受けることも可能なためおすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ