亀頭のただれを起こす性病

性病には、様々な種類と様々な症状があります。

今回は亀頭のただれを起こす可能性のある性病を解説していきます。


1.亀頭のただれを起こす性病とは

亀頭というのは男性の体の中で、最もデリケートな部分の一つと言えます。

その亀頭が菌などが原因でただれてしまう場合があります。

なかなか人に相談したり、病院で診てもらったりするのに抵抗のある場所ですので、ある程度どのような病気があるのかを知って、適切に対処することが重要です。

一般的な病気や症状を見ていきますが、素人目での判断は正確とは言えませんし、重大な病気を見落とす可能性があります。

最終的には病院や性病検査キットなどで検査をして、必要があればきちんとした治療が必要なことは忘れてはなりません。


2.亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は、亀頭にただれを起こす代表的な症状と言えます。

文字通り、亀頭や包皮の炎症です。

亀頭や包皮にできた小さな傷から、菌が入り込んで炎症を起こします。

主な症状は、亀頭のただれや痒みの他に亀頭のカサツキや、垢のようなものがでること、また包皮の部分が浮き輪やドーナツのように分厚く腫れてしまうこともあります。

必ずしも性交渉は必要としない病気で、激しい性交渉や自慰行為が原因となることが多いです。

また、下着の中という環境的にも菌が繁殖しやすいため、予防や治療には通気性の良い下着を身につけることなどが重要です。

程度の軽いものだと自然治癒することがほとんどですが、症状が思い場合は薬を塗って治療します。


3.カンジダ

カンジダ菌がペニスに入り、繁殖して発症します。

性病というイメージが強いかもしれませんが、カンジダ菌は身の周りに常に存在している常在菌という種類の菌です。

普段は免疫力のおかげで、体に入ってこなかったり多少入ってきても繁殖を防ぐことができますが、体調不良などで免疫力が低下している場合に感染してしまいます。

症状は亀頭包皮炎に似ており、亀頭のただれやかゆみ、垢のようなものが出たり、悪臭がしたりします。

性器の構造上、女性の方が症状が出やすく、男性は感染しても症状が出なかったり軽いケースも多いです。

カンジダ菌はカビの一種のため、抗真菌薬という薬を使って治療を行います。

汚いイメージがあり、強く洗ってしまいがちですが、カンジダ菌は水や普通の石鹸では落ちないため、小さい傷をさらに作ってしまい、逆効果になるため注意が必要です。

さきほど説明した通りカンジダ菌は常在菌のため、8割くらいは自然感染と言われますが、カンジダ症の相手と性交渉を行うと菌が繁殖している性器に触れるわけですから、当然感染の可能性が上がります。


4.検査の重要性

以上、亀頭のただれを起こす可能性のある病気を見てきました。

あくまで一般的な例であり、その他の性病や重大な病気の初期症状の可能性もゼロではありません。

不安な場合、もしくは症状がなくても定期的に性病検査を受けることが大切です。

検査は医療機関だけでなく、性病検査キットを利用して自宅でもすることができるため、一定の期間毎に検査を受けて安心した生活を送りましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ