尿が濁るときに疑うべき性病 | 性病検査キットランキング

尿が濁るといった症状が出る病気があるとしたら何を疑いますか? やっぱり性病を疑う人が一番多いのではないでしょうか。

こうした症状が出てしまう疑わしい性病は実はあるのです。それぞれの病気をわかりやすく説明いたします。


1.多くの性病が尿が濁る症状が出る?

もしも尿が濁る症状が出てしまったら驚いてしまうでしょうが、もしかしたら自分は性病に感染してしまっているのかもしれないなんて思う人もいるかもしれませんね。

実は尿が濁るといった症状が出る性病は意外と多く、性病としてはポピュラーですが自覚症状が出ない人もいるので、感染の拡大をしないように早めに検査を受けてしっかりと治療を受けなくてはなりません。


2.淋菌が原因の性病

淋菌に感染すると尿が濁るといった症状が出ます。他にも尿道が痛い、尿道炎をおこす、尿道から膿が出るといった症状が出る事があります。

もちろん先に説明したように全く症状が出ないという人もいるので、感染している事がわからずに感染が拡大してしまう可能性も高い性病なのです。

男性の場合は泌尿器科や性病科や皮膚科などで検査を受ける事ができますが、最近では手軽に自宅で簡単に性病かどうかがわかる性病検査キットも人気があります。匿名で検査を受ける事ができるのでおすすめです。


3.クラミジアが原因の性病

クラミジアはとても有名な性病ですが、やはり自覚症状が乏しいという人もいるので、感染している事がわからないという方も多いようです。

ですが症状が出るとかなり激しい痛みを感じたり、尿が濁るといった症状が出たり、尿道炎をおこしたり、尿道から膿が出たりする事もあります。

男性の場合は泌尿器科や性病科や皮膚科で検査や治療を受ける事ができますが、やはりこちらも自宅で簡単に性病かどうかを調べる事ができる、性病検査キットを使って感染の有無を調べる事ができます。


4.マイコプラズマやウレアプラズマ

マイコプラズマ、そしてウレアプラズマに感染しても同じような症状が出ます。尿が濁ったり尿道炎を発症したり、尿道から膿が出たりする事もあります。

もちろんクラミジアなどと同じように全く自覚症状が出ないという方もいらっしゃいます。

やはり自覚症状がないままに感染の拡大をしてしまっているという方も多いのです。

感染の拡大をしないためにも、怪しいと感じたらパートナーとそろって性病の検査を受ける事を強くおすすめします。

中には症状がひどくて激しい痛みに苦しんだりする方もいるのです。早めに検査をして早めに治療をする事で、他の人に感染させずに済みます。

性病の検査を受ける時は病院でもいいですが、最初は性病検査キットを利用して検査を受けてもいいでしょう。

匿名で検査を受けられるというのもありますが、感染の有無がわかってから確実に治療を始めた方が覚悟も決まるというものです。

また、もしも感染していなかった場合には初診料などの費用が無駄になる事もありません。最善の方法を選んで検査を受けるといいですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ