C型肝炎の初期症状について | 性病検査キットランキング

C型肝炎はとても怖い病気の一つですね。できたら感染などしてほしくはないものですが、性行為などによって簡単に感染してしまう事があるのです。

いったいどんな病気なのか、初期症状などについてを、簡単にではありますが説明したいと思います。


1.C型肝炎ってどんな病気なの?

C型肝炎は感染すると肝臓の細胞を破壊していきます。放置しているとどんどん細胞は破壊されていくので、徐々に肝臓の働きが悪くなってしまいます。最終的には肝臓がんまで進行してしまう人がいるのは事実です。

多くの感染者が何も治療をしなければ肝炎から慢性肝炎になって肝硬変になって最終的には肝臓がんになるという道をたどっていく病気です。

もちろん治療をすれば完全にその進行を止める事ができないとしても、進行を弱める事は十分に可能でしょう。

それではC型肝炎に感染してしまった場合には、どのような初期症状が出るのかについてを簡単にお話ししていきましょう。


2.C型肝炎の初期症状とは

C型肝炎に感染すると全身のだるさが目立つようになります。次に食欲不振に陥り食べ物をあまり食べられなくなったりします。

これだけでもおかしいと気づく人もいるかもしれませんが、中にはちょっと疲れがたまっているのだろうくらいにしか思わないという人もいるようです。

できるだけ初期の段階で発見できればいいのですが、初期症状で感染を見つけるのは極めて難しいといえるかもしれません。

もしも感染する機会が多いという方は、定期的に病院で検査を受けるのもいいですし、性病検査キットなどを利用して定期的に感染の有無を調べた方がいいかもしれませんね。


3.C型肝炎の感染経路

B型肝炎と同じように血液感染が中心となります。

もちろん粘液が接触する事による感染もあるので、感染していることに気づかずに性行為をする事も感染の危険性が増す原因になります。

他にも覚せい剤や注射器を使った薬物使用などでも感染します。

不特定多数の方との性行為をしている人も、いつどこで感染しているのかわからないといえます。

さらにコンドームなどの避妊をしていない場合にも感染の確率は高くなるので、不安な方や初期症状と思しき症状が出た場合には、病院で検査をしたり性病検査キットで検査をしたりするといいでしょう。


4.放置は絶対にしない事! 早めの検査を!

C型肝炎を放置しているとどういう事になるのでしょうか? もしも放置していたら慢性肝炎に進行してしまいます。ちなみにC型肝炎から慢性肝炎になる確率は70%という高い確率になっています。さらにそれ以上放置していると肝硬変になってしまうのですが、その確率も25%とかなりの高さです。

さらにそれを放置しているとC型肝炎に感染してからわずか25年で肝がんになって手遅れになってしまう事もあるのです。そうならないようにするためにも、早めの検査を受ける必要があります。仕事や都合で病院に行く時間がないという方は、信頼性も高い性病検査キットで定期的に検査を受けるといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ