B型肝炎の感染経路について | 性病検査キットランキング

B型肝炎に感染してしまったら治療が難しくて不安ですね。性病ではありませんが感染経路を見てみると性病と同じような感染のしかたをするのです。

いったいどんな事で感染してしまうのかについてを、できるだけわかりやすく説明いたします。


1.B型肝炎の感染経路

昔から恐れられている感染症の一つにB型肝炎がありますが、B型肝炎っていったいどんな病気なのでしょうか? そしてこの病気はどんな感染経路で感染していくのでしょうか?

病気がわかればむやみに怖がる事もありませんし、感染経路がわかれば感染しないためにも拡大しないためにも注意する事ができるはずです。

では簡単にB型肝炎の感染経路についてをお話しすると、一般的な性病と同じような感染経路で感染が広がっていきます。

例えば一般的な性行為によって感染する事があります。他にはアナルセックスもそうですしオーラルセックスをしても感染の可能性があります。

というのも粘膜や血液が触れると感染する病気なので、直接粘膜が接する性行為は格好の感染経路となってしまうわけです。


2.血液感染にも十分に気を付けましょう

B型肝炎に関してはその昔、集団で予防接種を受けたりしていた時代に感染した子供が多いのですが、注射器を使いまわししたりする事によって血液感染を引き起こす事があるので、危険な行為などには十分に気を付けた方がいいでしょう。

また、感染に気付かずに献血をしてその血液が使われてしまったために、B型肝炎に感染してしまったという話も昔はありましたね。

ですが最近では献血の血液はウイルスや細菌などの検査をしてから使用するので、輸血や献血によって感染が拡大するという事はなくなりました。


3.潜伏期間と検査や治療について

B型肝炎は性行為などをしてから1か月~2か月の間の潜伏期間の後に発症しますので、気になる症状が出てきたらすぐに病院または性病検査キットで検査を受けるようにしましょう。

性病検査キットの中にB型肝炎があるのは、感染経路が性行為であるからです。

性病検査キットでの検査は匿名で受ける事ができるのと、仕事や毎日の生活が忙しいという方にも時間を取られずに検査をする事ができるので、とても人気が高い検査方法の一つであるといえるでしょう。

性病検査キットで検査をしても病院で検査をしても、同じくらいの精度で感染の有無を調べる事ができるので、どちらでも好きな方で検査をするといいでしょう。

ちなみにB型肝炎は劇症化してしまうと死亡率がかなり高くなってしまう感染症なので、できるだけ早く検査を受けて治療を受けるようにしましょう。

病院で検査を受ける場合には内科や消化器科などで検査を受けるといいでしょう。これは男性でも女性でも同じです。

感染力が強い病気なのでできれば自分だけが検査を受けるのではなく、パートナーも一緒に病院または性病検査キットで検査をして、陽性だった場合には二人でしっかりと治療を始めるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ