ペニスにできるニキビは性病なのか?

ペニスにできるニキビのような物は、性病の可能性はあるのでしょうか。

症状などについて解説をしていきます。


1.ペニスにニキビができる?

ペニスにニキビのようなできものができることがあります。

ニキビと一言で言っても、症状などが少しずつちがう場合があり、それぞれ原因も異なります。

性病の場合の可能性もあるため、きちんと分類をして治療を受ける必要があります。

考えられる症状や病気を見ていきますが、素人判断は危険な場合があります。

心配な場合は、医療機関や性病検査キットできちんと検査を受診し、治療していくことが重要です。


2.毛嚢炎

湿度が高くなりがちな下着の中で、ブドウ球菌や緑膿菌が繁殖して起こります。

ペニスに限らず、全身どこでも起こる可能性があります。

赤いブツブツができ、しこりのようになり、膿が溜まる場合があります。

顔にできるニキビとかなり似たもので、自然治癒する場合がほとんどです。

重症化した場合は、切開をして膿を出すことが必要になります。

性病ではありません。


3.粉瘤

皮膚の下に袋ができて、皮膚になる前の垢のようなものが溜まっていきます。

ニキビとの違いは、袋の口の部分が黒い点になる場合があること、また皮膚の下にしこりができたようになることです。

また自然治癒することがなく、少しずつ大きくなっていくことがあります。

取り除く場合は切開をして、袋ごと取り出します。

こちらも性病ではありません。


4.ヘルペス

ヘルペスは、性病として有名です。

ヘルペスウィルスが性交渉などでペニスに感染して発症し、口腔ヘルペスと言って口に感染する場合もあります。

感染した場合は、最初に小さい赤い水ぶくれができて、数日で潰れてしまいます。

そこが潰瘍と言われるただれになり、痛みます。

初めて感染した場合に重症化することが多く、痛みが非常に強くなり、38度以上の熱が出る場合もあり、入院をすすめられる程になることもあります。

治療は塗り薬と飲み薬を併用する場合が多く、基本的には症状はすぐ治まることがほとんどです。

ただ、ウィルスを完全に無くすことは難しく、免疫力が低下した場合に何度も再発してしまうことが多く、再発率はなんと80%とも言われています。

ヘルペスは性病のため、人から感染したり人に感染させてしまう病気です。

感染してしまった場合は早期に治療をする必要があります。


5.検査と治療

ペニスにニキビのような物ができてしまった場合に考えられる、症状や性病を見てきました。

ヘルペスの場合は人に感染させてしまう恐れがあるため、特にきちんと治す必要があります。

性病が疑われる場合は、医療機関や性病検査キットで検査を受けることが重要です。

性病検査キットは自宅で手軽に検査をすることができるため、大変おすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ