ちょっとした気配りで性病の感染というのは予防ができるもの

性病なんて聞くと、何だかだらしないように感じてしまったり、ヘマをしてしまったんだなと人事のように考えてしまう人が多いのではないでしょうか。多くの方が自分は絶対に性病などに感染するはずがないなどと思っているのも事実です。

ところが性病というのは何も「梅毒」や「淋病」のような昔からある酷い病気ばかりだとは限りません。普段は何でもなかったのに最近になってちんこがかゆいけどどうしたんだろうかと思って病院に行ったら実は性病に感染していたなんていうくらい身近な病気なのです。


1.性病は誰にでも感染する可能性がある

恐ろしい事なのですが実は性病というのは彼女としか付き合っていないとしても感染する事もあるのです。たったひとりの女性と付き合っても感染するなんてちょっと驚いてしまうかもしれませんが、事実夫婦間での感染やカップル間での感染が最も多いのです。

ですから自分は絶対に性病には感染しているはずがないなどと思わない事です。誰にでも可能性があるという事をしっかりと認識している必要があると言えるわけですね。


2.性病は予防する事ができる病気です

性病に感染してしまうとどうなってしまうのかというと、確かにちんこがかゆいなどという軽い症状の場合もありますが、中には命に関わるような病気に感染してしまう可能性だってあるのです。HIVなどがそうですよね。

そんな恐ろしい性病に感染しないためにできる事、それはやはり予防をするという事なのではないでしょうか。そうなんです!性病というのはほとんどが予防をする事で感染を防ぐ事ができる病気なのです。


3.性病を確実に予防するためにはどうするのか?

まず必要なのは性病を予防するための知識をみにつけるという事です。と言ってもそんなに堅苦しい事ではありません。性交渉をする時にコンドームを使うなどをして、病原菌を身体に入れないという努力をするだけでいいのです。

中にはコンドームなんて絶対に嫌だと思う男性もいるかもしれませんよね。ですがもしも命に関わるような性病にでも感染してしまったとしたらどうなると思いますか?悔やんでも悔やんでも悔やみきれない事になってしまうのです。


4.コンドームは女性用でも男性用でも構いません

予防を確実にしたいのならばコンドームを絶対に使う事です。コンドームは男性用でも女性用でもどちらでも効果があると言われているのですが、男性用のコンドームを使った方がより安全かもしれません。

それと絶対にやってはいけないのはオーラルセックスと言われるものです。口を使っての性交渉は絶対にやめましょう。これが確実に性病を予防する方法なのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ