どんな病気にもあるけど果たして性病前兆というのはあるものなのか?

もしかしたら自分は性病に感染してしまっているのかも?そう感じる根拠は何でしょうか。

恐らくこれまでには感じた事がない何らかの症状が出てきたからそう思うのですよね。例えば代表的な症状がちんこがかゆいとか痛いとか腫れたなどの症状かもしれません。

ところで性病に感染してしまった場合には性病前兆というものが存在しているはずですよね。どんな病気にも前兆というものはあるものだと思うので、今回は性病前兆の症状についてを色々と勉強してみようと思います。


1.性病にも前兆と呼べる症状はあるのだろうか?

一般的に性病に感染してしまった場合には男性でも女性でも前兆と言える症状は出るものだと言われています。いわゆる自覚症状というものが出るはずなのですが、色々とあるので自分に当てはまるものがあるだけ危険は増すと思ってください。


かゆみや不快感

もっともわかりやすい性病の前兆とも言えるのがこれ。ちんこがかゆいからおかしいと思ったと感じる人が最も多いのだといいます。もちろんちんこがかゆいだけが前兆ではありませんが、それまでそんなにかゆさを感じた事がなかった人が急に痒みを感じるようになったらやはりおかしいと気づくものなのです。


痛み、腫れ

次に多い性病の前兆がこちらですよね。何だかしらないけど痛いと感じる。その痛みは例えば排尿をする時に妙な痛みがあったりするのでわかると思います。また足の付根などにあるリンパ腺が腫れて痛みを伴う時にも「もしかしたら性病?」と思うと言われています。


ただれやできもの

性病の中でもただれたりイボなどのできものができる事で性病を疑うという例がとても多いですよね。イボなどのできものやただれなども性病の前兆と言えるのかもしれません。ですが進行している可能性も高いので前兆と呼ぶにはちょっと症状が進んでいる感じはしますね。


全身症状

実はこれが最も恐ろしい性病の前兆かもしれません。エイズなどの性病に感染した場合にはのどの腫れを感じたり2週間以上続く風邪の症状が出たりします。これは全てエイズに感染した方の前兆の症状だと言われているのです。


2.性病の前兆と言ってもこれだけの幅があるものなのです

いかがだったでしょうか。一言で性病の前兆と言ってもこれだけの症状がある事に驚かれたのではないでしょうか。誰にでも感染する可能性がある病気なだけに、前兆の症状を知っておくというのは良い事です。



ほんの少しの症状が出たとしても早めに病院に行く事ができるので、ある程度は前兆とも言える症状についてを勉強しておいた方が良いかもしれませんよね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ