性病にはどんな種類があるのかを知っておくと予防にもつながる

皆さんは性病というとどんな病気の事を思い浮かべるでしょうか。多分一番怖いと感じる性病の代表的なものといったらHIVウィルスへの感染ではないでしょうか。最近は性病に感染してしまったという方が多いのも事実ですよね。気をつけなくてはなりません。

ところで性病というのは何か私たちを不安にさせてくれます。その原因はどこにあるのかというとやはり性病自体をよくわかっていないというところから不安を感じてしまうのではないかと思うのです。

そこでまずは性病についてをしっかりと知る事から始めてみたいと思います。性病の種類などを知ればちんこがかゆい痛いといった症状で悩む必要はなくなるのではないでしょうか。


代表的な性病の種類


クラミジア

代表的な性病として知られています。女性が多いと思われているようですが女性から男性へと感染する事がわかっています。ちんこがかゆいといった症状もこの病気である可能性が高いかもしれません。病院で治療を受ける必要があるので要注意です。


梅毒

梅毒なんて昔の病気じゃない?と思われるかもしれませんが、実は現代でも感染してしまう人がいるのです。梅毒は恐ろしい病気です。命に関わるような症状が出る事があるので初期の段階で治療を始めなくてはなりません。毒性の非常に強い性病なのです。


淋病

梅毒と並んで怖いと言われている性病ですが、他の性病とはちょっと違った種類でもあります。男性の場合はそうでもありませんが女性が感染すると妊娠しにくくなると言われているので男性でも女性でも初期に治療を行った方が良い性病です。


コンジローマ

男性が感染するとちんこがかゆいなどの症状が出るとも言われています。ですがどちらかというと痛みの方が強く感じるかもしれません。治療をしようとしても根治が難しいともいわれている種類の性病で、繰り返し再発する事が多いため治療が難しいため早めに治療を開始した方がいいでしょう。


カンジダ

男性が感染するとちんこの周辺にカビが出てくると言われています。ただし男性がカンジダに感染しても症状が出ない事が多いのでわかりにくいとも言われています。ただ症状が進むと痛みを感じる事があるので早めに治療をした方が良いでしょう。



まだまだ他にも色々とあるようですが、これらの性病が代表的な性病であると言っても過言ではないでしょう。いずれの性病も早めに治療を始めた方が良いのは事実です。できるだけ早く病院に行くなり検査キットを使うなりして調べてみるべきです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ