性病にかかるとどんな感じ?その代表的な症状がかゆみかもしれない

性病は病気の種類によってさまざまな症状が出ると言われています。なにもちんこがかゆいだけが性病の症状ではありません。ですが確かにかゆみを感じる性病があるのも事実ですよね。

そこでかゆみの症状が出る性病はどのくらいあるのかを調べてみる事にしましょう。もちろん初期症状でちんこがかゆいなどの症状があったとしても、その後に耐え難い痛みを感じるケースもあるので注意しましょう。


1.ヘルペス

ヘルペスは一般的には上半身に感染する皮膚病の一つなのですが、性交渉によってヘルペスに感染するケースもある病気です。一般的に小さな水ぶくれができたりちんこがかゆいなどの症状が出る事で知られています。

そのまま放置する人はほとんどいないでしょうが、稀に大丈夫だろうなどと放置すると、それはもうかなりの数の水ぶくれができる事になります。その後どうなるのかというと潰れてしまったりかさぶたになってしまったりするのです。かなりかゆみが症状に出る性病でもあります。


2.コンジローマ

一般的にかゆみを感じる人とそうではない人がいるようなのですが、イボがたくさんできるというめずらしい症状があるために、これは確実に性病だわ……と感じる事ができる性病なのではないでしょうか。治療をしないと治りません。

そしてこの病気は一度外科的な手術を受けてイボを取り除いたとしても、再び再発する事が多いため気をつけなくてはならない病気でもあるのです。


3.いがいとかゆみが症状に出る性病は少ない

実は性病の中でかゆみを伴うという性病は多くはありません。その理由は性病の症状ではっきりとおかしいと気づけるものが少ないというのが最大の理由なのではないでしょうか。つまり性病に感染していてもかゆみや痛みとして症状が出てこないので感染しているかどうかがわからない病気がほとんどであるということです。

もちろんその中でも激しい痛みや発熱などを繰り返すので調べてみたら性病だったという事はあるかもしれません。ですが殆どの場合は風邪をひいてしまったとしか感じない事が多いので後になって重大な症状があらわれる事になるわけです。


4.怪しいと思ったら検査を受けるべき

最近では怪しいと思ったら自宅で簡単に検査ができるキットがあるので、それを使って誰にもバレずに検査を受ける事ができます。家族にもバレないようにする事ができるので、もしもおかしいなと思う症状があったのなら、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ