もしも感染してしまった場合の性病検査方法はどんなものなの?

もしも性病に感染してしまったとしたらどんな検査方法があるのでしょうか。実際には検査方法というのは症状などを聞いて総合的に判断をして医師が決めるものなのですが、一般的には血液検査が多いのではないでしょうか。

なのでもしも最近ちんこがやたらとかゆいけど一体どうなってしまったんだろうか。などと考えて病院に行った時に「ちんこがかゆいのですが、何か性病ですか?」と言ったとしてもちんこを見て診断されるのではなく、多くの場合は血液検査などで検査を行うという事になるのです。


1.一般的な検査方法と性病について


血液検査

性病の検査方法は色々とありますが、その中でも代表的な検査方法が血液検査なのではないでしょうか。血液検査をする事によってどんな病気に感染しているのかがわかるのかというと、HIVやクラミジア、梅毒、ヘルペスなどを調べる事ができると言われています。

もちろんそれ以外にも検査方法はありますので、血液検査だけではなく他の検査方法も行う事でより信憑性の高い検査結果を得る事ができるというわけです。


尿検査

男性の場合でも女性の場合でも血液検査と並んで多い検査方法が尿検査です。尿検査によって尿道内などに細菌が紛れ込んでいないかどうかをチェックする事ができるというわけですね。ですが尿検査を行う性病はクラミジアや淋病となっています。


のどの検査

オーラルセックスをする事が多いと言われていますが、のどに症状が出る事もあるのでその場合にはのどの粘膜を調べる検査方法が行われます。こちらもクラミジアや淋病といった性病に感染しているかどうかを調べる事ができると言われています。


2.性病の検査方法は大きくわけるとこの3つです

女性の場合にはもうひとつ検査方法がありますが、男性の場合の性病の検査方法というのはこの3つしかありません。もちろん患部に何かできものができているという場合には患部を見たり、そこから細胞を採取して調べるという検査方法もあるでしょう。

ですが一般的にはこの3つからどんな性病に感染しているのかを判断すると言われています。いずれにしても性病の検査は簡単な検査で済む事が多いのも現実です。これだけなのに病院にわざわざ行くのも……と考える人がいてもおかしくはありません。


3.性病の検査方法はもうひとつある

わざわざ病院に行かなくても性病の検査をする方法はあります。それは自宅で出来る検査キットを使う検査方法です。この方法だと自宅でできるので人気があるのです。人に知られる心配もありませんからお勧めの検査方法かもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ