もしかしたら性病?どのような診断でそう判断されるものなのか?

誰にだって性病に感染する可能性というものはあります。もしも性病に感染したのではないだろうかと思った時、当然ですが本当ならば病院に行って検査などを受けた方が良いに決まっていますよね。

ですが人によっては病院で検査を受けるのが大変だと感じている方もいるかもしれません。例えば忙しいというのもそうかもしれませんが、多くの場合は自分が性病に感染していると認めたくないというのと、病院に行くのが恥ずかしいというのが多いのかもしれませんよね。


1.もしかしたら性病?困ったらどうすればいいのか?

ですが性病に感染したかもしれないと思っていても、そのまま何もしないでいるわけにはいきません。もしも性病に感染していたとしたらどうすればいいのか悩んでしまいますよね。

そんな場合には病院に行かなくても自分が性病なのかどうかを診断する事ができる方法があります。まずは自分にどんな症状が出ているのかをチェックします。例えばちんこがかゆいとか痛いといった症状が出ているかどうかなどですね。

人によって症状の感じ方は違うかもしれませんが、代表的な症状がちんこが痛いとかかゆいといった症状なので、これがずっと続くようだったら手軽に自宅で性病かどうかの診断を行います。


2.自宅で簡単に検査ができる性病の検査キットを利用する

自宅で性病かどうかの診断ができる検査キットというのが販売されています。おそらく知らない方も多いのではないでしょうか。検査キットというのはとても簡単で、症状や疑わしいと思う性病をピンポイントで診断することができます。

男性用と女性用とがあるので男性は当然男性のキットを購入して検査をしてくださいね。間違ってはいけないのは性病の種類によってキットが違ってきます。例えばエイズの検査がしたいという時にはHIVウィルス、梅毒、B型肝炎、C型肝炎のキットを購入して血液を採取して封筒に入れて送ります。

他の病気の場合はSTD4種の検査キットを購入しましょう。どんな性病の診断ができるのかというと、クラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナスといった性病の診断を行う事ができます。

もちろん他の病気のための検査キットも販売しているので、自分に出た症状によって検査キットを変更して自宅で検査を受けてください。


3.どのくらいで診断されるのか?

検査キットで血液の採取などをして郵送して検査機関に届いたあと、しっかりと検査が行われ診断される事になります。検査が終了した段階でメールで結果を送ってもらったり郵送で送ってもらう事ができます。

確実にこの日数で性病の診断がおりるというものではありませんが、自宅で簡単に検査を受ける事ができるので病院に行く煩わしさはなくなるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ