主な性病の病院での治療費 | 性病検査キットランキング

性病に感染した場合に何が一番不安なのかというと、それはやはりどのくらいの費用がかかるのかという部分ではないでしょうか。

今回は主な性病にかかる治療費がどのくらいかかるものなのかを、病気ごとに説明していきます。


1.まずは性病を調べていきましょう!

性病かどうかをまずは調べなくてはなりません。性病の検査は病院で単体で調べるのと、数種類の性病を同時に調べる方法があるようです。

さて、性病を絞って検査を行うのならそれほど費用はかからないかもしれませんが、一つに絞るのではなく数種類の性病の検査を行う事が多いので、もしも病院で検査から始める場合には、初診料や検査料のほかに治療費もかかると思った方がいいでしょう。

それでは主な性病だといわれている梅毒、HIV、クラミジアの治療費についてをお話していきましょう。


2.梅毒にかかる治療費

梅毒の場合は性病科、泌尿器科、皮膚科などで検査を受けることができます。

女性の場合は性病科、婦人科などで検査を受けるといいですが、匿名性が欲しいという場合には性病検査キットなどを利用してもいいかもしれません。

名前を知られずに誰にも会う事なく検査を受けることができるのでおすすめです。

さて、梅毒の場合は初診料に3000円~5000円(病院によって違う)がかかり、検査を受けた場合には検査料として2000円~20000円程度かかり、梅毒だとわかったら治療を受ける事になりますが、1週間に10000円程度かかるといわれています。確実に治療を完了するまでには5万円ちょっとかかると言われています。


3.HIVにかかる治療費

性病といったら最高に怖いのがHIVですね。HIVの場合は初診料も高いですし検査もびっくりするくらい高いものです。

例えば初診料は1万~2万とられるといわれていて、さらに保険がきいたとしても一回の診察に6000円~7000円くらいかかるといわれています。

そして投薬で6万円~7万円の治療費が必要になるため、助成などをできるだけ利用して治療費の負担を少なくする必要があります。もしも助成を使わない場合にはひと月に約20万円程度の治療費がかかるともいわれています。

検査はかなり高い費用がかかりますが、性病検査キットを使う事によって検査の費用を少なくする事は可能です。HIVの検査ができる性病検査キットだと1万円弱くらいで検査の依頼ができますし、匿名性もあるのでおすすめできます。


4.クラミジアにかかる治療費

クラミジアは日本人の感染者がとても多いといわれている性病です。クラミジアの治療費はどのくらいかかるのかというと、初診料が3000円~5000円(病院によって違う)検査に3600円~20000円(病院によって違う)程度かかり、陽性だった場合には治療費として3000円~10000円くらいかかるといわれています。

クラミジアの場合には1週間ほど投薬をしてから検査を受けます。そしてクラミジアが陰性なら治療は終わりますが、陽性だった場合にはまた治療を行って検査を受けます。

陰性だった場合には治療は終わりますが、治療が終わった後で3週間~4週間経過したら再び検査を受ける必要があるようです。実は再感染する確率が高いのです。

いかがでしたか? 性病に感染するととても高額な治療費を必要とするものだという事がわかりました。治療も必要ですが感染しないように気を付ける事も必要になるのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ